hiryu kayama

レースレポート

2021-10/10【report】清里シクロクロス c2

今はコンディションがかなり良いので回復が追いつき、少し疲労感を感じてもパワーや気持ちが落ちたり途切れたりすることがないとてもいい状態。その中で集中して走ることが出来た良いレースだった。
レースレポート

【report】2021-10/04 茨城cx 取手 C3

高校ぶりのcxレースということでc3からの参戦となった。 C3はレース時間が短く、後ろからのスタートとなるので、どれだけ早い段階で上位に位置できるかが鍵となった。
レースレポート

【report】2021-09/26 群馬cscロードレース day3

3日間手厚いサポートをしてくれたチームには感謝しています。おかげさまでレースだけに集中して取り組むことが出来ました。ありがとうございました。
レースレポート

【report】2021-09/25 群馬cscロードレース day2

今日は短いレースで簡単なサーキットなので、スプリンターチームにより集団コントロールの確率が高いと判断した。 逃げもトライする意志はあったが、実際のレースの展開とチームの意図を汲み取ってから判断するようにした。
Hiryuブログ

2021/09/13 目指す場所

色々なことがあったけど、u23としてのチャンスは2回ある事になります。ここからが正念場。自身の為に、期待してくれていた人々に応えられる為に、惜しみない努力を続けていきます。 
Hiryuブログ

2021-09/09 情報発信、再開

石川ロードレースを境にsnsを含めほぼアップデートしていなかったのですが、シーズンも終盤に向かっていくという事で発信再開していこうと思います。
レースレポート

2021-07/04 【report】JBCF 西日本ロードクラシック広島

自分は100km越えたあたりで脚に来てしまい三段坂のアタックでドロップ。踏み辞めず、三回目の坂で合流しかけるも、そこからのアタックで完全に離れてしまった。最後まで気持ちを切らさずフルガスで走ったものの、崩壊したプロトンのペースアップにも対応できないような状態だった。 タイムアウトを意識しながら走り続け、17位でフィニッシュした。
レースレポート

2021-05/28 – 5/30【report】Tour of Japan(uci2.2)

刺激を受けた3日間であった。特に3日目の川野選手の優勝には脱帽。嬉しさがある中に本音は悔しさが強くあり、リスペクトがある、そんな不思議な感覚だ。
Hiryuブログ

2021-05/12 戻ってきた「この感じ」

復活。まさに自分の中で黒い部分が抜け始めているような想いだ。これからも症状は出るかもしれないし、難しい局面に当たる事もあるだろう。しかし、それでも覚悟を決めたのだから、強い意思を持って全うしてみようと思う。僕がここを乗り越えた時、勝てなかった相手にも勝てるようになっている自信がある。
レースレポート

2018-04/29【Report】県総体ロード

修善寺csc順走 5km×8 40km 結果..1位 7時出走と朝早かったので朝ごはんはクロワッサン5個と軽めにした。スタートと同時にチームメイトの福田選手がガツガツペースを上げて集団はすぐばらけてしまう。同じ横浜高校の選手を4人く...
タイトルとURLをコピーしました