レースレポート

レースレポート

【report】2021- 9/19 JBCF南魚沼クリテリウム と反省

自分としては判断を誤った反省をしなければならないレースとなった。展開的にも終盤に向けて前を張ることを考えていたが、ペースの上がっている残り7周回の段階でアタックを試みたのは明らかなミスだった。
レースレポート

2021-07/10 – 11 【report】JBCF石川クリテ・ロードレース

もっとフィニッシュ直前まで出来たら良かったという気持ちは大きく、まだまだ力不足が否めない。逃げも最後のアシストももう一段階クォリティを上げられたら自分にとっても、チームにとっても有益だと思う。
レースレポート

2021-07/04 【report】JBCF 西日本ロードクラシック広島

自分は100km越えたあたりで脚に来てしまい三段坂のアタックでドロップ。踏み辞めず、三回目の坂で合流しかけるも、そこからのアタックで完全に離れてしまった。最後まで気持ちを切らさずフルガスで走ったものの、崩壊したプロトンのペースアップにも対応できないような状態だった。 タイムアウトを意識しながら走り続け、17位でフィニッシュした。
レースレポート

2021-06/12【report】JBCF群馬 6月逆走

思い返す事、思い出す事も多い。もう一度頭をリフレッシュさせて、しっかりやろう。今回のレースはそういった根本的な部分に刺激が入る、個人的には良いレースだった。歯車が少し、また嚙み合ってきた。次のレースが楽しみだ。
レースレポート

2021-05/28 – 5/30【report】Tour of Japan(uci2.2)

刺激を受けた3日間であった。特に3日目の川野選手の優勝には脱帽。嬉しさがある中に本音は悔しさが強くあり、リスペクトがある、そんな不思議な感覚だ。
レースレポート

2021-05/15【report】JBCF 群馬CSCロード

約一年間、原因不明と言われながらも(去年10~12月は怪しいが)腐りきらず続けてよかった。これからも症状が出る事はあると思うが、今は前を向いて進んでいく。
レースレポート

2021-04/24【report】JBCF 東日本ロードクラシック

シーズン序盤はトレーニングの回復が間に合っておらず疲弊した状態で苦しんだが、その後しっかり回復に時間を充てられたのでコンディションは上々だった。 チームトレーニングを積んでいく中でも、力が戻って生きている感覚があったので楽しみにしていたが、レース一週間前のチームトレーニングで故障の痛みが再発してしまった。
レースレポート

2021-03/27~28【report】JBCF 広島さくらロードレース day1.day2

前回の播磨に比べれば、脚やコンディションは帰ってきている。故障の痛みも苦しいレースの中出る事もなく、幸せだ。総評としては概ね悪くない。 欲を言えば2日間ある中先行する逃げに加われなかった=リザルトに絡めなかった事に反省点が固まる。
レースレポート

2021-03/14 【report】西日本チャレンジ u23

コースは広島公園。高校2年生の時に、jbcf e2で2位に入っていた記憶はあったが、イマイチコースは覚えていないレベル。基本的にアップダウンで、基本流れるような作り。終盤に向けて何段階か上るので、そこがキーともいえる。
レースレポート

2021-03/13【Report】JBCF 播磨中央公園

脇腹の痛みは出ていないことは自分の中でとても嬉しい事で、問題はなかった。 レースシーンにやっと帰ってきた。実にフルガスで走れるレースは9か月ぶりだった。自分の中で強い感動がある中で、同時に弱さを感じる言葉にしにくい苦い初戦であった。
タイトルとURLをコピーしました