2020-03/27『危機感を感じるべき理由』

Hiryuブログ
f:id:hiryubmc02:20200327213828j:image

こんにちは、香山です。


今回こういった内容を書くにあたって、個人を批判したり、怒っているという意図はない事をどうかご理解ください。僕がどうしても伝えたいことです。


恐らくサイクリストに限らず、この時期に日本外(その中でも被害があった国)にいた人は同じ考えを持っていると思います。

『日本人はこの状況をもっともっと深刻に捉えるべきです。』


買い溜めするとかパニックになれと言ってるのではなく、もっとクレバーにリスクヘッジに勤しむ必要がある事を強く主張します。

この事態で友達と外食とか、遊びとか、本当に危険なんです。可能な限り家にいて、手洗いうがいを徹底するべきです。


集団心理は絶対に捨てるべきで、自分の身を守るのも、大切な人を守るのも自分の自制心です。

この記事を掲載することでうんざりする人も、ムカつくような嫌な気持ちになる人もいると思います。ですからこれは僕の声以上に、世界の声(ウイルスが拡散してしまった後の声)だとも取ってください。


事実僕も規制が発表される前日にLyonの街に行きました。これって今の日本で暮らしている日本人(特に同世代)と全く違わない事実だと認識しています。呑気にinstagramで公開したのも覚えています。


だから今回僕に偉そうに説教する資格はありません。規制が発表されてから従うのは当たり前です。ただし先に経験したからこそ伝える義務はあると思っています。


まず今回のウイルスで確定しているのは状況は刻一刻と変化するという事です。今まで大丈夫だったものが、一瞬で規制されたり、不可能なものとなります。

フランスだって多くの人がまさに、「一週間前までは何もなかったのに」という状態になりました。当然理解は追いつかない人も出ていたし、ルールを守れない人もいました。


しかしフランス政府はロックダウン(規制)の厳重化が早かった。これによって国民は深刻な状況を飲み込みました。


一方日本にはオリンピックがありました。僕が思うに影響は間違いなく、実際に延期が発表されてから日本は対応に追われているように見えます。

これからロックダウンが本格化していくという可能性が充分以上にあると思います。


そして今回のウイルスの影響は悪化傾向にあるという事。

これを理解してください。日本は安全。コロナウイルスを凌いだ、イベントも復活してるし大丈夫、ましてや収まり傾向…こういった思考回路は本当に危険なんです。


僕自身には日本にいるよりも強い影響を経験しました。しっかり情報と世界の対応の流れを汲みました。

今この状況で友達と遊んでいるのははっきり言って異常な光景です。冷静に考えればわかることですが、敢えて悪い書き方をさせてください。


本当に死んでしまう可能性があります。


まして自分が感染源で誰かに移し、その方が亡くなる可能性だって大いにあります。


感染拡大のペースは速く、広がれば広がるほど死者数は当たり前に伸びます。


世界が自宅待機を『推奨』ではなく『義務』にしているところから汲み取ってください。

今回の件で知識がなくてわからないなら、

『自分がコロナウイルスを持っていると想定して、他人に移さないように動く』

と考えるのが正解です。可能な限り家にいて、手洗いうがいをしましょう。


ここまで読んでくださった貴方は自覚を強めてくれると確信しています。

フランスは国民に今回の事態を『戦争』だと言ったのです。それも世界規模の。


日本だけが『戦争』にならない理由を教えてください。


これは夢物語ではなく、平和を取り戻すには絶対に犠牲が必要です。自分の欲求を自制して、妥協無く勝ちにいく必要があります。
事態は加速する可能性が高いです。

僕も最善を尽くします。是非とも『自分』が高い意識を持って家族、友達、恋人、仲間を守りましょう。

宜しくお願い致します。

香山 飛龍

コメント

タイトルとURLをコピーしました