2018-12-02【Report】湘南cx 中井中央公園 C1

レースレポート

60min, 8lap
Result…13/16
Av 168bpm max188bpm

今回は初のC1でのレース。湘南シクロクロス自体は2年前にシクロクロスバイクを手に入れて出場したことはあったが当時はc4。それからシクロクロスに関しては冬の取り組み方針から触れられていなかったが、今年から取り入れどれだけ速くなっているかが楽しみなレースではあったが…笑。

コースは今まで出場したコースよりも起伏が多く、長い階段→土の崖(乗車は不可能)→校庭のような砂のコーナーセクション(短)→土と芝のキャンバー→校庭コーナーセクション(長) といった感じだ。印象としては階段からの土の崖で降車が必要なので序盤から毎周回脚が削られるコースといったイメージ。
f:id:hiryubmc02:20181202192919j:image

【階段は良いトレーニングになった!】


レーススタート。多少縺れるような形になり位置をあまり上げられずにスタート。
人数も少なかったが真ん中~後ろでレースを始める。悪くないパックで校庭のコーナーセクションに入ると衝撃を受ける。
前の人のラインを当たり前のようにトレースすると、ズルっと滑りペダルを外す羽目に。もう一度直線で追い付き曲がると、同じスピード域だと完全に前輪が、立ち上がりで後輪が滑っていってしまう。流石にロードでもラインをトレースする事くらい容易な訳だが、今回は完全に置いていかれてしまった。野辺山でも確かに滑り落車もしていたが、細かいコーナーセクションが少なかったので何とかなっていた。
f:id:hiryubmc02:20181202193003j:image

接触に恐怖は感じないが位置は上げられず。】


f:id:hiryubmc02:20181202193009j:image
【大苦戦した砂のコーナーセクション】

f:id:hiryubmc02:20181202195751j:image

【直線はプッシュ!】


今回のコースはコーナーが連続する区間が長く、とにかく駆動が乱れない範囲でコーナーをクリアしたが、前には離され、後ろには追い付かれてしまった。
ダート区間も舗装路も踏める場所は全力で踏んでいったが、毎周コーナーセクションで大きくロスしてしまった。
そのまま1時間走り13位でフィニッシュ。

f:id:hiryubmc02:20181202193759j:image

【降車セクションは素直に追い込めた】
f:id:hiryubmc02:20181202193804j:image
【乗車セクションは舗装路しかプッシュ出来ず😑】

今回はかなり酷いレースをしてしまった。心拍数や身体もキツかったが、何よりも細かいコーナリングに苦戦してしまった。自分としてはイメージと反して滑ってしまう違和感とフラストレーションを感じながら走っていたが、原因は①テクニック不足②ポジションが悪い(シクロクロスに合ってない)③タイヤの消耗
のすべてだと考えている。
自分はもちろん初心者だし、隠すことも無くテクニック不足なのは確かだと思う。ポジションもロードに近いポジションを取っている。これが良いか悪いかはわからないが、影響しているなら改善が必要だ。タイヤに関しては個人的に一番の原因だと感じている。元を正せばカバー出来るテクニックが無いのがいけないのだが、明らかに自分だけ滑っていたと言っても過言ではなかったと思う。前のパック(5人ほど)がクリアできてるライン、スピードで自分だけ滑っているのは正直異様だ。ラインをトレースして同じスピードで曲がれば離されることはなかったはず。今日はとても悔しかった。
まずはちゃんとしたタイヤを購入し、試してみようと思う。それでもダメならポジションを変えてコーナリングの仕方を見直してみようと思う。

まだまだヘタクソでレース後にロードで乗りてぇ😂となってしまう自分だが、これからは少しシクロクロスの練習を増やしてみようと思う。今まではどちらかというとレースだけ。という形だったので..。

f:id:hiryubmc02:20181202194629j:image

【消耗したタイヤのせいにしてしまいたい自分がいるが、テクニック不足は間違いない】

本業はロードレースなので出来るだけシクロクロスにはコストをかけたくないが、c1のレースとなるとロード同様最低限煮詰めないと勝ちが全く見えないものになったのを感じた。みんな速い。せっかくやるのだから勝ちたいし、これから知識も増やして煮詰めていこうと思う。

今日も応援してくれた皆様、ありがとうございました。正直どうしたの?ってレベルの酷さだったと思いますが改善していこうと思います😅

遅いとやっぱりかっこわりーー!(本音)

コメント

タイトルとURLをコピーしました