2018-03/25【Report】全国選抜大会ロードレース

レースレポート

11km×7 77km 1300up
結果…25位

 今回のレースは「積極的に」という自分の気持ちに対して準備が不充分と言える結果になってしまった。
※ヘロヘロで記憶が曖昧なので展開と周回数が合ってないかも!大体の流れという事でお願い致します😅写真は殆どありません!!

この日の気温はスタート時は肌寒いくらいだが後半にかけて気温が上がる予報だった。時間的にもローラーは使えないので実走で2回ほど上げてパレードスタート。開始1分もしない内に先頭に出てレーススタート。

最初の2km程の登りを福田と二人横浜高校で固めてこなし、ダウンヒルも先頭で攻めていく。選抜大会は落車が多発すると聞いていたので落車回避の意味も込めて先頭を積極的に牽いていく。
ここから3周目までは福田と自分で交互にアタックし集団の脚を削る。もちろん抜け出すことを目的としていたがマークが厳しく逃げを容認されない。福田と合わせて10回はアタックしただろうか。

3周目からアタックを少し弱めると松山城南と創学館の宇佐美がアタック。キレもあり、
集団は追わなかった。このときは自分は脚を使った直後なのもあり充分に追えない。そしてこの逃げが一周逃げる事になる。集団が全く追う意思を見せず早くも35秒ビハインドがついたので登り終わりから集団引率開始。何度も先頭交代を要求したが全く回ってくれないし、変わっても明らかにペースが落ちるので基本自分がペースを作り牽いていく。4周目で吸収。 

f:id:hiryubmc02:20180326205647j:image

その後はマークしていない選手が二人ほど飛び出たがそれは容認。35秒程でキープする。 

【だんだんキツくなってくる】


最終周回。登りでペースが上がり我慢で付いていく。この時点で脚の無さを痛感する。しかし最終周回なので回りもきついと言い聞かせペースを上げていく。牽制したらすぐにアタックを繰り返す。残り4kmの緩い下りで集団のペースが落ちたのでアタック。多少逃げるが捕まってしまう。残り600mまで先頭でペースを上げていくが最後は脚が力尽きてしまい多少埋もれた状態で登りスプリントへ。前で日野凌羽(松山城南)と誰かが接触し落車。自分は回避できたがこれによりスピードが落ち、太股もつってしまい完全に終了。25位でゴール。


展開としては誰もが「横浜高校が動いてた」といって貰えるくらいには動けたと思う。
特に序盤は福田と二人でアタックを繰り返したのでハイペースなレースに出来たのではないだろうか。レース中も集団を牽いて、下りも先頭でこなし終盤も積極的にアタック出来たのは良かったと思う。
しかし今回のレースは足りなかったものも多い。

①水分

この大会を通して水分不足を感じていたがイマイチ対処出来なかった。競輪場には自動販売機は無いし、どうにかしなければと思いながら何となくレースに望んでしまった。

②食

レース当日の宿の朝食は量が少なく、レースまでにパンやおにぎりを食べようと考えていたが完全に忘れてレースに望んでしまった。(何やってんだ。)

③補食忘れ
糖分とカロリーを補給出来るアスリチューン黒は持っていたが、レース前の赤や攣り対策の2RUNを忘れてしまった。

④脚のリカバリ
前日の夜、太股は張っていた。押すと痛いし硬い。リカバリーの日や3kmIP決勝戦の夜はしっかり30分はかけてセルフマッサージするべきだった。

 なんというか、総合的に準備不足という形になってしまった。特に塩分。レース後異常な量の塩が顔やウェアに浮き出ているのが確認出来たし、対策次第では脚攣りを予防できたと思う。もったいない。

それに加え、展開もあるが「追う」側で脚を使ったのでマークされていても一発ガツンとアタックして「逃げる」事に脚を使えるようになりたいところ。

自分もまだまだ弱いなと実感する結果だがポジティブに捉えている。まだ自分の理想とするところには達していないという事だけ。みんな強かった。入賞したみんな、おめでとう!!😭

f:id:hiryubmc02:20180326205732j:image

レース後の福ちゃんと自分。決して負けて萎えてる訳ではありません!

ちなみに一緒に動いてくれた福ちゃんは3位入賞。流石です..。

次のブログではどうしたんだ飛龍!という人に向けた記事を書こうと思ってます!是非このレースレポート②として閲覧下さい😃

コメント

タイトルとURLをコピーしました