プロフィール


自己紹介とプロフィール


はじめまして、香山飛龍と申します。

本場フランスにて自転車競技のプロを目指して活動していましたが、今は故障のリハビリに集中しています。(2021年6月追記 : 1年かけて故障を克服し、しっかり活動しています!)

まずは簡単に自己紹介させて頂きます!

►香山 飛龍 (かやま ひりゅう)

20歳。自転車競技歴7年。高校卒業後、サイクルロードレースのプロフェッショナル選手になるべくフランスで活動する人生を選択。しかし、2020年6月に右脇腹部に原因不明の故障を負う。2021年より復帰に向けてリハビリをスタート。2021年6月故障を1年かけて克服。弱虫ペダルサイクリングチーム所属。


【2000】 神奈川県に生まれる。

【2012】 小6でサッカーを始める。スポーツに初めて触れる。

【2014】 サッカー部に所属しながら、中学2年生の夏のにロードバイクに出会う。


【2016】 自転車競技に取り組むために、横浜高校に進学。自転車競技部。

【2017】 チャレンジロードa-j 優勝。

【2017】  関東大会ロードレース 優勝。



【2018】 日本代表ジュニアチームに選抜される。

【2018】 全日本タイムトライアル(ジュニア) 2位。

【2018】 JBCF 石川ロードレース (ユース) 優勝。

【2018】 インターハイ ロードレース 5位。/ 3kmIP 3位。

【2018】 ベルギー bury 3位。

【2018】 ベルギー Omloop der Vlaamse Gewesten(UCI1.1) 13位

【2018】 アジア選手権・世界選手権出場。

【2018】 進路に悩む。


【2019】 高校卒業後に渡仏。velo club corbas で活動。

【2019】 elite nationalカテゴリー 計6レース完走。

【2019】GP de Chateaunuef du Rhone (カテゴリー2) 3位。

【2019】Prix du boudin Manziat (カテゴリー1) 11位。

【2019】 UCI world cycling centre からテストオファーが来るが、フランスでの活動を優先。



【2020】 原因不明の右脇腹部故障。日本とフランスで試行錯誤する。

【2020】 GP de Chateaunuef du Rhone (カテゴリー2) 2位。



【2021】 チーム弱虫ペダルサイクリングチームに移籍し、リハビリと復帰を最優先化。

【2021】 6月、故障を克服。競技に再び専念。

高校卒業後の進路

僕は高校を卒業してから本場フランスでの活動を選択しています。毎週レースの日々、慣れない環境、文化。とてもここには書ききれない莫大な量の体験をしました。毎日が不思議で、ちょっとだけ生きた心地がしないような、そんな日々でした。温かい仲間に囲まれ、僕の中では「また本場で走りたい」「活躍したい」というきもちがまだまだ残っているのも本音です。

高校を卒業からの進路に関して、そして将来に関しては何度悩んだか分かりません。寧ろ今でも悩んでいるくらいです。そんな人生を選択した僕の活動日記はすべてこのサイトに残っています。誰かの何かの役に立てば幸いです。

故障を経験

上記の通り、2020年6月~2021年6月の約1年間、右脇腹部分の故障を患っていました。これは落車した訳でも、何か物理的なダメージがトリガーになったわけでもなく、現状は原因不明です。

原因は積み重なったレース活動の疲労とストレスだったと推測しています。(その記述はこちら→)現在は幸いにも復調し、しっかり活動することが出来ています。

僕は落車回数も少なく、故障の経験も無かったので、限られたu23の時間の中としてとても辛い経験とはなりましたが、皆様のサポート・応援のお陰もあって戻ってこれたと考えております。本当にありがとうございます。

応援という力

いつも様々な、たくさんの方々に応援して頂いているという事を強く感じております。ありがとうございます。想像以上に応援やサポートというのは励みに、力になっています。これからも力をわけて頂ければ幸いです。

全力を尽くして活動して参りますので、何卒宜しくお願い致します。

香山 飛龍

タイトルとURLをコピーしました